市場性の分析

新規に不動産投資事業等を行う場合は、市場性(賃貸物件の流動性や定着性)を選べるメリットがあります。対してご自身の土地に建物建築をする場合には、市場性は選べないリスクがあります。そもそも有効活用が成立しないエリアで建築してうまくはいきません。家賃保証等で多少の収支は見込める場合もありますが、その不動産事態の価値の向上にはなっておりませんので、万が一転売となったときにも不動産の流動性が著しく低下することもありますので、注意が必要です。

賃貸需要の近年の傾向として、想定家賃も非常に重要ですが、充実した設備や

  セキュリティー等を重要視しているお客様が近年増えております。また間取り等

  についても、核家族化が進み、大きい有効面積は必要だけれども、部屋数は少ない

  物件を希望するお客様や、女性の一人暮らしの需要も増え、女性が望む設備や

セキュリティーを望むお客様も増えております。

▲このページのトップに戻る