失敗しない建築のポイント

適切なと現状分析と財産評価をする

財産診断や市場調査も現状把握だけでなく、今後の空室リスクや市場変化の見通しと、

修繕費などの予定額の算出などは、業者によって異なります。

適切な現状分析財産評価が欠かせません。


自分自身のとれるリスクの幅を理解する

お客様によって、リスクに対応できる幅は違います。

ようするに、どこまで金銭的に余裕があるかです。

現在の収入状況や預金額などによって、対応できる幅が変わってきます。


出せる予算、とれるリスクを決めてからコストを算出する

まずは、出せる頭金返済額を決めてから逆算していきます。

必要な手残り額から逆算して建築可能か最終判断します。

▲このページのトップに戻る