失敗事例

父・母・長男・次男の4名家族がおりました。

父は相続対策と建築会社より進められ、2棟のアパートを建築し、

借入を1億5000万円しました。

一括借入の制度があり、空室があっても安心との事で建築しましたが、

市場に合わない物件を建ててしまったため、入居者が入らず家賃が下げられ、

返済額と収入額のバランスが崩れ結局売却する形となりました。

土地を守るために建てたものが、結局売らなくてはならなくなってしまったのです。


▲このページのトップに戻る